忍者ブログ

アイアンマンになりたい

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
今日のトレーニング内容

筋トレ系
 ベンチプレス
 スクワット
 プルダウン
 トライセプスエクステンション

レッスン系
 ステップアップクロール 45分
 ボディアタック 45分

ラン
 なし

バイク
 なし

スイム
 プル 500m×2本(20分)
 合計 1000m


 トライアスロンなどで利用する自転車は、通常、フレームとコンポーネント(ギアやブレーキなど)は、別々のメーカーになっている。例えば、僕の自転車は、フレームはフェルト社で、コンポーネントはシマノ社を利用している。

 ロードバイクのコンポーネントで世界的なシェアをもっているのが、日本企業のシマノ社である。釣具のリールなどを製造している会社だ。

 シマノ社より発売されているロードバイク用のコンポーネントはグレード分けされて、廉価なグレードから最高級のグレードまでが揃っている。僕が使っているグレードは、「105」と呼ばれるグレードで真ん中よりちょっと上くらいの位置になる。

 そんなシマノ社のコンポーネントの最上級グレードである「デュラエース」が5年ぶりにフルモデルチェンジ(7900系)を発表した。

<特徴> Wikipediaより引用
 それまでのアルミ合金とチタン合金を主用した構成に、さらにカーボン製パーツが導入され、さらに軽量化され、あわせて変速性能のさらなる向上が図られている。STIレバーのシフトケーブルは内蔵式となり、専用サイクルコンピュータのセンサーユニットが無線化され内蔵された。カラーはグレーとシルバーのツートンカラーが主体。2008年12月下旬発売予定。

 職場で昼休みに自転車くんの解説を聞いていて、僕が惹かれたのは2点あった。

 1点目 デュアルコントロールレバー
  ・レバー部分にカーボンを採用。
  ・ピボットを近づけることによりブラケット上部から
   ブレーキレバーに届きやすくブレーキのコントロール性が向上
  ・リーチアジャスト・メカニズム
   ライダーの手に合ったシフト&ブレーキポジションに調整可能

 手が小さく、いつもダウンヒルでのブレーキングで苦労している僕としては、ブレーキレバー位置を調整できるという点に興味が沸いた。


 2点目 クランク
  ・ついに、デュラエースがコンパクトクランクに対応した。


 既存のシマノ製コンポとの互換性はないとのことなので、利用する場合は結構な出費になる。当面は買い換える予定はなく、羨望のまなざしで眺めるだけだろうとは思うけれど、より速く、より強くなったら、トライアスロン用のエアロバイクと一緒に購入を検討したい一品である。


↓↓↓ ランキングチェック ↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

検討?

デュラだけでそこそこの自転車買えちゃうんですよねぇ。
造型的にはカンパニョーロのほうが美しいですよね。

>ぶ~太さん

見た目は、シマノはイマイチですよねぇ。
ただ値段と性能のバランスを考えるとカンパは選択しにくいですね。フレームをイタリア製にしたら、コンポはカンパにしたくなるみたいです。
今度のデュラは、値段もカンパのレコード並みに高くなるのかぁと、心配してます。
TRACKBACK
Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/10 ぽにょ]
[10/09 いさきちん]
<<愚直にコツコツ進むことが想像以上にスゴい件  | HOME |  記録のみ>>
Copyright ©  -- アイアンマンになりたい --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ