忍者ブログ

アイアンマンになりたい

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
今日のトレーニング内容

筋トレ系
 なし

レッスン系
 なし

ラン
 32.0km(トレラン)

バイク
 なし

スイム
 なし


夏休み消化1日目。

今年の夏休みは、分散して取得。8月の後半は、実家へ帰省する関係で多少はまとめてある。

さて、そんなわけで今日は夏休みを1日消化することにして、箱根方面へトレランへ行ってきた。

御殿場線の山北駅をスタートして、足柄峠を目指す。足柄といえば、「足柄山の金太郎」ということで、金太郎伝説発祥の地になる。今回のトレランとは特に関係はないけど。

朝4時50分に起床して、5時17分の電車にて出発。途中、東京駅の売店で朝食と昼食を購入して、山北駅を目指す。守谷からは遠い。3時間30分ほどかかる・・・。

今回もセブンヒルズのツアーだけど、ガイドはトレイルランナーの鈴木博子さん6/13の大倉尾根-塔ノ岳-鍋割山トレイルラン以来に久しぶりに再会した。今回のメンバーは、平日に仕事を休んでトレランに参加するようなドMな男性5人。かなりな走力を持ったメンバー構成になっていた。こりゃ大変だな・・・。

公民館のロッカーへ荷物を預けて、準備運動の後、トレランスタート。天気は心配だったのだけど、曇りでなんとか雨は降らないで済みそうだ。

今回のコースは、山北駅→酒水の滝→21世紀の森→山伏平→矢倉岳→地蔵堂→夕日の滝→万葉公園→足柄峠→山伏平→21世紀の森→山北駅となる。最初は、夕日の滝や足柄峠は含まれていなかったのだけど、メンバーが最強すぎてペースが速くて、遠回りすることになってしまった。結局、自宅で確認したら32kmのロングコースになっていた。

このコースは、急登はあまりない。なだらかなコースで登りも下りも走れてしまう。その分、距離が稼げるので、きついコースになる。

酒水の滝から21世紀の森までは、ロードの登りをひたすらジョグで登り続ける。21世紀の森からトレイルに入り、歩いて走っての繰り返し、山伏平から矢倉岳までの区間は急登。矢倉岳までは、山北駅からひたすら登りで、途中で酒水の滝を見学して寄り道している11kmの山行だったが、1時間30分ほどで到着してしまった。早めの昼食を摂る。

ここから地蔵堂までは、下り基調のトレイルが続く。先頭集団はあっという間に消えていく。早すぎ。後方集団にいたが、そこからも離れてしまい単独でスイーパー走行を続ける。それなりに走っているつもりなのだが、全く追いつけない。

途中の沢にみんなで入り、バシャバシャと水遊び。すでに汗で全身が水浸しなので、いまさら濡れることに抵抗はない。ただ、ここから靴がしばらく重くなるけど・・・。

あっという間に下りぬけて、地蔵堂に到着。地蔵堂には自販機あり。ペプシコーラで爽快感をゲット。時間が余りそうということで、夕日の滝を見に行くことになる。片道5kmの登りロード。夕日の滝でまた沢に入ってバシャバシャ。陽はカンカン照りではなかったけど、蒸し暑くて汗だくなので、沢の冷たい水が気持ちいい。

地蔵堂からは、しばらく長い登りが続いて、万葉公園を目指す。根っこだらけの急登を抜けるとようやく到着。少し遠回りして、足柄峠を見学して、午前中に通った山伏平へ下る。

スイーパーの位置のまま、頑張って走るが、みんなとの距離はどんどんと離れていく。今回のメンバーはすごいのが揃いすぎだな・・・。いつものツアーなら、速い人もいれば遅い人も混ざるので、ペースもそれなりになるだが、今日は僕以外はみんな速い。コースに分岐があまりない。ということもあり、置いていかれてしまうパターンが続く。

山伏平まで下り、しばし休憩。ここからは午前中に登って来たコースを下っていくだけだ。

21世紀公園へ向けて走っている最中に事件は起きた!!

比較的になだらかなコースだったので、僕も離れることなくみんなの後について走っていた。少し前を走っていたY田さんが突然、立ち止まる。どうしたの?とみんなも止まる。僕が数秒送れて到着した瞬間だった。

僕のふくはらはぎ周辺に激痛が走る。

「痛い!!」

僕の叫び声を皮切りに、みんなも

「痛い!!」と叫びだす。

どうやら、先頭が地蜂の巣を踏んだらしい。そのため、後続のY田さんが刺されて、それを取り囲んだ我々も刺されたということだ。

周りに無数の地蜂が飛んでいる。治療よりもこの場を逃げようということになる。先頭の鈴木さんが、本気走りで下り出す。それに全員が、一糸乱れぬ隊列を維持して、猛スピードで追いかける。トレランも終盤で、みんな疲労しているはずなのに、この日一番の速度で走る。たぶんキロ3分台(笑)

しばらく走るが、まだ蜂が追いかけてくる。蜂が鈴木さんの首を刺して、鈴木さんが叫ぶ。とにかく逃げようと、またもダッシュ。

ようやく蜂の集団から逃げ切ることができた。

一番後方にいた僕が4箇所も刺されてしまった。ほかのメンバーは、1箇所か2箇所。

蜂がいなくなったところで、ポイズンリムーバーをつかって毒を吸い出す。しかし、あれだけ走ってきたら、毒も回ってしまって、もはや意味ないような気がするけど。でも気休めであってもやっておきたい。それくらい痛いんだもの。

まぁスズメバチじゃなかったからよかったと思いましょう。ということで、気を取り直して走る。長い下りを走りきり、山北駅まで戻る。

公民館で荷物を受け取り、ストレッチ。

ドロドロに汗をかいているので、駅前の温泉にみんなで行く。ちょうど、近くの山でシャワクラツアーを開催していたマコトさんたちのグループも同じ温泉へやってきた。合流して、今日の反省会。

がっつりと走ったので、明日は筋肉痛だろう。このまま超回復させて、週末のトライアスロンに参加するつもりなのだけど、左足に大きなマメを作ってしまった。お風呂で割ったけど、激痛・・・。トライアスロンまでになんとかなればいいけど。

↓↓↓ ランキングチェック ↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

逃げ切れない!

ひぇ〜!怖っ。
その後は何ともないのですか?
ケンケンさんの表現が上手だから笑っちゃいました、
ごめんなさい。

鈴木博子さんが逃げ切れないって、ほとんどの方が
餌食って事ですよね恐るべし蜂、気をつけましょう。

無題

災難でしたね・・・。
でも スズメバチだと思ったら今頃どうなってることやら・・・
山に行くときは気をつけようと思います

>TANEYAさん

その後は何ともありませんでした。

地蜂は地面に巣を作っているので、防ぎようがないですね。踏んでしまったらアウトって感じでしょうか。それにしても激痛でしたよ(汗)
逃走時のランニング高速列車は、それは見事な隊列でしたよ(笑)

>のんさん

スズメバチの巣を踏むことはあまりないかもしれません。普通は、あせって逃げたりしないで、じっとしてれば襲ってこないそうです。今回は、巣を踏んでしまうという異常事態でしたので、逃げるしかありませんでした。
山は楽しいけれど、怖いですね。

ぼくも

今日、加波山でやっぱスズメバチに追いかけられた。
巣の近くを通ったから出てきたみたいで警戒レベルだから刺されなかったけど、猛ダッシュしたから心拍は170オーバーが90秒続いてた。

アナフィラキシーショックはどんな蜂に刺されてもなる人はなるみたい。
気をつけてねぇ~。

>カズボーさん

蜂は怖いですね。今回の件は、よい勉強になりました。とりあえず、ポイズンリムーバーは今度、購入しておこうと思いました。
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/10 ぽにょ]
[10/09 いさきちん]
<<ハセツネ用のライト  | HOME |  オリンピアンとツーショット>>
Copyright ©  -- アイアンマンになりたい --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ