忍者ブログ

アイアンマンになりたい

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
26日に行われる筑波山トレイルレース前に刺激を入れるために、軽めのトレランとしてトラ仲間のぽにょにょ君と宝篋山へやってきた。

つくば駅から北部シャトルバスに乗り25分(300円)で、旧筑波庁舎(8:56)へ到着。ここから今日のトレランがスタートする。とりあえず、庁舎からはのんびり歩きながら北条体育館を目指す。晴天で気持ち良い風が吹いていた。午後からは強風となるらしいが9時の時点ではまだ緩い風。

北条体育館(9:16)に到着。駐車場前のベンチにてトレランスタイルに服装をチェンジして、自販機で水などを買い足す。準備ができたら、のんびりとジョグをしながら登山道の分岐点である墓まで進む。分岐点(9:38)では山口1と山口2のコースに分岐される。ここに看板が昔は出ていたのだが、今は見当たらないので注意が必要である。お墓が目印。

分岐点を左折して山口1コースの登山口を目指す。山口1コースは緩やかな勾配で走りやすい登りになる最初の数分はジョグで登っていたが、すぐに疲れてしまった(笑)ので、早歩きに切り替えて先を進む。前半は軽いガレ場が続き、沢を超えたらトラバース気味に登っていく。途中に湧き水、景観ポイントなどがあり飽きない。筑波万博で植林をした記念碑なども設置されていた。2008年9月にこのコースを通ったときは、このトラバース付近は「ヤブこぎ」状態だったので、今のきちんと整備された状況に感謝をしつつ登る。

10:27に宝篋山頂上へ到着した。天気がよく最高の景色が広がっていた。富士山もきれいに見ることができた。5分ほどだけ休憩して、すぐに下山を開始。新寺コースを使って一気にふもとまで下る。

途中までは山口2コースと一緒のコースとなる。山口2コースからの分岐点を左折してから突然、道が荒れてくる。新寺コースはハイカーの人が少ないコースらしく、トレイルが柔らかく、急勾配で走りにくい。気にしないでマイペースにて下る。30分ほどで新寺コース登山口(10:58)に到着した。ここからは、一般道を歩いて山口2コースの登山道まで移動する。

山口2コースの登山口(11:04)は急勾配から始まる。途中、枝道が出てくるが案内板などを見れば進むべき道は間違うことはない。ケルンで道しるべを作っている箇所もあった。先ほど通った新寺コースへの分岐を超えて頂上へ向かって進むと尾根道に当たり、ここで小田城コースへの分岐(11:42)とつながる。

ここからは頂上へ向かわずに、小田城コースを下って小田休憩所を目指す。小田城コースは、スピードをだして下っていくのにとても気持ちのよいコース。スピードを殺すために斜面を利用したりすることが可能で、ジェットコースター気分で一気に下れる。途中につづら折りの七曲りと呼ばれるコースがあり、気分が盛り上がる。マップを確認しながら小田休憩所への分岐を間違えないように進む。途中に「中世城の道」を通って休憩所への近道をする。舟ガ城展望所など、景観もよく走るのを忘れて、寄り道が増えてしまった。

小田休憩所に到着(12:12)したときに風が少し出てきた。寒く感じたので休憩所の外ではなく室内に入れてもらって持参したおにぎりなどを食べた。休憩所の自販機でコーラ補給をする。うますぎる。

今度は距離は短いが勾配のきつい沢沿いの道「極楽寺コース」にて最後の登山を開始する。沢沿いには、小さな滝がたくさんあり、それぞれに名前が付けてある。どういう意味で付けたのかと想像しながら登り続ける。傾斜がきついためロープなどで補助がされている箇所もある。途中の純平歩道に当たると傾斜も和らいでくる。ここからは最後の登りとなる。枝道や巻き道も多いが、案内板がしっかりしているので安心して登ることができる。

山頂手前のバイオトイレ(13:34)まで小田休憩所から60分近くかかってしまった。トイレを済ませたら、常願寺コースで下る。最初は走りやすいコースが続き、スピードをだして下ることができる。途中で「尖浅間山山頂」を経由する道との分岐が出てくるあたりから、傾斜がきつくなり、道も悪くなってきて走りにくくなる。そうこうしている内に沢に出てガレた道を下ってふもとへ到着する。下山後は案内板にしたがって、小田休憩所を目指して走る。

小田休憩所(14:14)にて、バスの時間を調整するために15分ほど休憩する。休憩所においてある地図を見て、つくバス「小田城跡入口停留所」の場所を確認して移動開始。徒歩8分ほどでバス停に到着。バスを待つ間、ストレッチなどをして体をほぐす。

つくバスは前払い200円。つくばウェルネスパークへ向かう。ここはごみ焼却場の熱を利用したスポーツ施設で、サッカー場、ランニングコース、マシンジム、スタジオジム、プール、温浴施設(露天、サウナ、炭酸泉など)、食堂、マッサージルームなどが完備された施設になる。700円を支払うことで利用が可能で非常にリーズナブルである。

ゆっくりとお風呂に入って、食堂で食事とビールを満喫してから帰宅した。帰りのつくばエクスプレスでは爆睡してしまい乗り過ごすところであった。

<宝篋山満喫コース概要>
旧筑波庁舎 → 徒歩 → 20分 → 北条体育館 → 12分 登山口分岐点 → 山口1コース(登り) → 50分 → 宝篋山頂上10:31 → 新寺コース(下り) → 30分 → 新寺コース登山口 → 一般道移動 → 6分 → 山口2コース登山口 → 山口2コース(登り) → 40分 → 1小田城分岐点 → 小田城コース(下り) → 40分 → 小田休憩所(昼食) → 極楽寺コース(登り) → 60分 → 山頂前トイレ → 常願寺コース(下り) → 40分 → 小田休憩所 → 徒歩 → 8分 → 小田城跡入口

詳細はヤマレコで
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-91697.html
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/10 ぽにょ]
[10/09 いさきちん]
<<宮古島トライアスロン当選!!  | HOME |  12月の不動練>>
Copyright ©  -- アイアンマンになりたい --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ