忍者ブログ

アイアンマンになりたい

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
今日のトレーニング内容

筋トレ系
 なし

レッスン系
 なし

ラン
 17.5km(トレラン)

バイク
 なし

スイム
 なし


セブンヒルズのトレランツアーで丹沢に行ってきた。今回のツアーガイドは、トレイルランナーの鈴木博子さんということで楽しみにしていた。

今回のトレランコース

昨晩は、飲み会で帰りが遅くなったりしたが、トレランの準備を万端に整えて1時過ぎに寝て、5時に起きる。5時30分の電車にて、戸川公園へ向かう。片道は約3時間ほどかかる。

小田急の渋沢駅について、帰りの着替えなどを駅のロッカーに預けていると、Kimiさんに会った。今回のツアーに参加しているとのことだった。知り合いがいると安心度が増して、気分が楽になる。

渋沢駅から戸川公園までのバスに一緒に乗って、集合場所へ向かう。

今回の参加者は、7名で女性はkimiさん一人だけ。自己紹介などを聞いていると残りの男性陣は、かなり速そうな感じがする。みんなでストレッチをして、いよいよスタートをすることになる。

今日の僕の目標は、第一グループで最後まで走りきること。果たしてできるのか、少し不安になる。

まずは、アップも兼ねてkimiさんを先頭にして、ゆっくりと大倉尾根を登っていく。

今回のツアーでは、ガイドの鈴木さんが一人に1枚地図をコピーして配っており、途中休憩するときは、まず自分の位置を地形から読み解き、現在位置を探すことや、等高線と地形の関係について、実際の目で確認することなどが行われた。なかなか、自分の想像している地形と地図の地形が合わず、現在地が掴めない。一人で走っていたら遭難確定に違いない(笑)

途中から登り方のレクチャーなどを受けて、後半に足が疲れないように残す走りを覚えていく。

いつのまにか、速い順での列が形成されてきた。塔ノ岳までのトレイルは、ガレ道で傾斜も結構きつい。なかなかサクサクと登るわけにはいかなかったが、先頭集団からは離れないようにして、登っていく。

歩荷(ぼっか)と呼ばれる職業がある。車が入れない山小屋などに、食料品などを背負い運ぶ人たちのことだ。今回、激坂を上っているときに10歳くらいの少年が、ジュース1ケースとそのほかいっぱいの荷物を背負って、山小屋に向かって登っていた(驚)たぶん、10キロから20キロくらいの重さがありそうだ。この年齢から登りを鍛えておけば、将来はかなり有望なのではないか。いずれにせよ、この少年の目的はなんだったのかは不明で、近くに両親らしき人も見当たらなかった。ほんとに歩荷のアルバイトをしていたのだろうか。

そんなできごとがあり、いよいよピーク地である塔ノ岳(1491m)に到着。天気も快晴とはいかないが、それなりによくて、気持ちのよい風が吹いている。ここで昼食を摂り、休憩。

ここからの下りは、鍋割山へ向かう。多少のアップダウンが続く道だが、ずっと走って移動ができる傾斜のトレイルが続く。なんとか先頭集団に食らいつき走ることができた。

鍋割山からの下りは、ガレ場の激坂下りになる。恐怖心をどこかに仕舞い込んで、下りる。さすがに先頭は速い。少しでもなだらかになったら、スピードを上げて追いつくということを繰り返して、なんとか着いていけた。ここで引き離されると気持ちが切れてしまうから、引き離されずに済み安心した次第。

激坂を下り終えたところにある沢で水遊び。どうせトレランシューズは汗で湿っているので、そのまま冷たい沢に入りバシャバシャと沢の中を歩く。気持ちいい。

ここからは、林道になる。先ほど、水浸しになったシューズが重い。鉛のシューズをはいて走っているかのようだ(笑)ただ、さすがに即乾性の素材を使っているだけあって、走っている間にどんどんと軽くなっていく。

2回目の沢のポイントについた。ここから4km先の分岐点までは自由に走ってよいとのこと。先頭で飛び出した人に着いていく。すごく速い。どんどん千切られていく。3番手に走っている人に抜かれて、3番になる。ここからは、意地でもペースを落とさないことに決めて走る。下り坂とはいえ、14分で下りることができた。今日のトレランで一番疲れた(笑)

分岐点から少しトレイルに入って、スタート地点の戸川公園に到着。9:30にスタートして、ゴールしたのが14:50くらい。

ストレッチをして、バスに乗り、駅で荷物を出したら、みんなでお風呂に行き、ビールで乾杯。この瞬間がトレランで一番気持ちいい。特に夏のトレランの大きな楽しみの時間だ。

セブンヒルズの案内ページには、今回のコースは25kmくらいと書いてあったのだけど、走り終えた感じとして、そんなに距離があったかなぁという気持ちがしていた。自宅に戻って、地図サイトで計測したら、17.5kmほどだった(笑)走力が向上してたから、楽に感じたわけではなかったようだ。

↓↓↓ ランキングチェック ↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

やっぱりおもしろかったんだ~。
私も休みを取ったんだけどその時には既に満席になっちゃってたの(泣)
次の機会を狙うぞー

>ゆっちへ

かなーり、面白かったよ。
同じコースで8月にもツアーがあるみたいだよ。僕は、残念ながら帰省している時期なので参加できないけど。

あと、今年は8/25の富士山トレランにチャレンジするつもりでいます。ゆっちもいかがでしょうか?去年、参加したんだっけ?

無題

お疲れ様でした♪そしてお世話になりました。
長い登り、長い下り有り、沢立ち寄り水遊び有り☆楽しい一日でしたね。セブンに参加すると心が元気になります。ケンケンさんに、お会い出来て
ラッキーでした。

>kimiさん

kimiさんのマシンガントークのおかげで退屈な時間が全くなく、楽しいトレランになりました。

それにしても世の中には、速い人が多いですね。僕の練習量よりも格段に少ない人が、僕よりはるかに速いって現実を見ると、才能の違いを感じてしまいます。

人と比べての仕方ないことですから、今の自分よりも伸びていけるように、これからも努力を重ね続けるのみです(笑)
TRACKBACK
Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/11 ケンケン]
[10/10 ぽにょ]
[10/09 いさきちん]
<<中島トライアスロン当選!!   | HOME |  タミーの3分間で終わる腹筋プログラム>>
Copyright ©  -- アイアンマンになりたい --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ